その他の取得方法

国家公務員でも総合職試験合格を目指すならば、大学へ進学し勉強するのが良いでしょう。大学でも国家公務員試験に対応しているところもあります。また公務員試験に力を入れていない大学でも、前述したとおり専門学校で試験対策をすることもできるのでより勉強の幅が広がります。

大学生や社会人の方には、通信学習という方法もあります。仕事が長引いたりして夜間の学校も通いにくい方には特に良いでしょう。また通える学校が近くにない場合も便利です。通信学習のメリットは、忙しくてなかなか時間が取れない人でも、自分で調節して学習が可能なところです。場所も選ばないので、完全に自分のペースで勉強が出来ます。今はタブレットなどで映像学習が出来る通信講座があります。これによってどこにいても、僅かな時間でも、持ち運んで勉強することが出来ます。自分が苦手とするところも、再度視聴したり繰り返すことで復習できます。中には、オンラインで質問が出来るサポートを行っているところもあります。

予備校で試験対策を学習する方法もあります。専門学校同様、予備校からも試験の合格者は多く輩出されています。社会人の方には自分の空いた時間で勉強できるのでお勧めです。